スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームワーク

7月28日、川崎市産業振興会館で開催された、神奈川県中小企業同友会主催の「ビジックスワールド」というイベントににねくすとのオーラルピースチームが出展販売しました。80もの中小企業や団体が参加している会場で下の写真のように商品をならべ、堂々参戦!です。

ORPビジックス写真2

オーラルピースのプログラムは、単に工賃を稼ぐだけでなく、利用者に実際に商品の在庫管理から販促、お客様への販売までの一連の流れに自主性をもって取り組んでもらうことが目的です。今回も、4人の担当メンバーがそれぞれの「持ち味」を生かして、しっかりとブースを盛り立ててくれました。
それぞれの活躍をご紹介しましょう♪

Aさん:商品の展示と管理、お客様への商品とお金の受け渡しなど、ブースの中をしっかりと切り盛り。安定感ばっちり!
Bさん:ブースを通りかかったお客様に、販促チラシを渡しながら柔らかい営業トークで巧みにブースに引き寄せ、商品をアピール!
Cさん:販促チラシをごっそり袋に入れて持って歩き回り、会場内を行きかうお客様や他ブースに、手際よく着々と配布!
Dさん:Cさんがお客様の注意をひくと、すかさず商品の説明をしたり、ブースの他企業の方としっかり交流、ばっちり好印象営業!

それぞれの役割や得意技がちょうどよい感じでかみ合って、絶妙のチームワークを見せてくれました。

仕事ってつまり、こういうものだな、と思います。例えばお城の石垣の石って同じ大きさばかりじゃないですよね。大きな石、小さな石、四角いもの、斜めのもの、平たいもの、尖ったもの...色々な形が組み合わさるからこそ、しっかりとした土台になって天守閣を支えます。それぞれの良いところを生かしあい、支えあうことで一つの目標(仕事)が成立していくのです。

完璧な人間なんていません。むしろデコボコがあるからこそ、協力して一人ではできないことが、できるようになるのではないでしょうか。
そんなことを、しみじみと感じた一日でした。

スポンサーサイト

新年あけましておめでとうございます♪

新年あけましておめでとうございます。

いよいよ2017年がスタートいたしました。
皆さんは、どんな年末年始を過ごしましたか?
しっかり充電して、新たな出発を迎えられたことと思います。
ねくすとも、今年1年全力で取り組んで参ります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年も新年恒例行事の「書き初め大会」が開催されました。
職員と利用者さん一人一人が、今年1年の目標を漢字1文字に
思いを込めて書き上げていきます。


写真I氏
まずは姿勢を正して練習から始めます。


いよいよ本番です。緊張感が伝わってきますね。
写真Y氏①



写真Y氏②
いい漢字(感じ)にしあがりましたね。


完成したら、今年の抱負とともに、何故その字にしたのかを発表してもらいます。
全体写真
字から皆さんの今年にかける思いが伝わってきそうです。


皆さんの思いが、かたちになるような、そんな1年になりますように・・・
今年も良い加減で頑張りましょう。


「パソコン、使えますか?」

「パソコン、使えますか?」

面接に行くと、このような質問があったり
求人票の必要な経験欄に「パソコン操作」と書いてあったりします。
では、具体的にどのくらいできたら、
「使えます!」と言えるのでしょう。
computer_manual_woman.png 
答えは、おそらく「会社によって”使える”の意識は違う」
なのではないか、と思います。
とはいえ、ねくすとのPCプログラムに参加された方には
ぜひ「パソコン操作」が必要と書かれている求人にも
自信をもって応募できるようになってほしい。
そんな出発点のもと、初級・中級・上級のPCプログラムをやっています。

「会社によって違う」とはいえ、
これは必要でしょ!と思われるポイントもあると思います。
①わからないとき、人に質問して教えてもらったり、相談できる
②自分で調べることができる
ことは、どんな仕事でも、日常生活の中でも、大切なことです。
発想をかえれば、これができれば元々の技術や知識がなくても
仕事ができるのかもしれません。

これらのポイントを特に練習できるのが、ねくすとでは
PCプログラムの上級になると思います。
9月は「求人票の傾向」を分析する、という課題を
グループで行っていただきました。
毎回の課題で作成した成果物そのものが、役に立つ実感は少ないと思いますが
その経過での経験は、思わぬところで発揮されるかもしれません。
また、自分の新たな一面を知るきっかけにもなると思います。

パソコンはあくまでも「道具」にすぎません。
「道具」が上手に扱えるかどうか、にとらわれず
上手に扱えないとしても対処ができる自分に
自信をもっていただきたいです・・・!

気のかたち

ねくすとでは、不定期に就労準備講座というプログラムを行っています。

今回は、一般社団法人 気のかたち
http://kinokatachi.com/
代表の高橋拡さんにお越しいただき、
「心身を健康に保ちながら働き続けるためには?」というタイトルで講演していただきました。
健康を保つために大事なことは「いいかげん」であること、「力を抜く」ことだそうです。
そして、良い姿勢を保つこと!!!
確かに、高橋さんはいつも姿勢がいいですね!
高橋拡

力を入れすぎずに上手に抜くことにより、逆に強い力を出すことができます。
下の写真がその実例です。
女性5名の指だけを使って大男を持ち上げようとしてもなかなか持ち上がらないものですが、
あるおまじないをすると軽々と持ち上げってしまうんです!
そのおまじないは…
直接高橋さんの講義を聞いてくださいね(^_-)-☆
気

高橋さんは、「健康ばかり気にしていると逆に不健康になってしまうので、
時には不健康なことをして発散することも大事!」とおっしゃっていました。
不健康なことが大好きな私は一安心しました(^_^)
高橋さん、ありがとうございました!

お疲れさまでした!

7月8日をもって、職員のひとりが産休・育休に入ることになりました。

最終日、利用者の皆さんからのサプライズ!!
利用者全員で協力して、プレゼントを準備してくれていたんです。
宇都宮さん、涙を浮かべて喜んでいました。
皆さんの気持ちが、伝わった瞬間♪

花束


上の子を保育園に預けながら、
大きいおなかでお仕事を続けてきた宇都宮さん。
途中、つわりがひどく、ねくすとに来られない時期もありました。

最後に
「無事にこの日を迎えられて、達成感でいっぱいです」
と、ご挨拶されていました。

利用者の皆さんに、どのような支援のかたちで関わっていけるのか、
体調を崩さず、無事に勤められるのか、
たくさんの不安があったことと思います。

他の職員も、可能な限りサポートしてきたつもりでしたが、
やっぱり、本人にしか分からない不安や想いが、
想像以上にあるのだな、と実感しました。

だからこそ、仲間の状態や抱えていること、置かれている状況に、
「思いを馳せる」ということは
意識して行わなければいけないな、と思いました。

相手を思いあえる気持ちの余裕をもって、
仕事に取り組むことが大切なんだなぁと。

宇都宮さん、本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。
少し休んで、どうぞ、元気な赤ちゃんを産んでください!


就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。