スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月に1度の

今回は、ねくすとで行われている「就労準備講座」の中の「マナー講座」をご紹介します!

「就労準備講座」とは・・・
●就職活動にあたり、知っておくとよい知識が得られる
●企業の方のお話、ねくすとを利用して就職した方のお話が聞ける
●テーマに沿った話しあいやSSTでみんなの意見がきける
といった、作業では得られない知識や経験が得られるプログラムになっています。

その中で、「マナー講座」は2ヶ月に1回、講師の方に来ていただき定期的に行われているプログラムです。
文字通りマナーを学ぶ講座なのですが、座学だけでなく、
「実際に仕事の場面を想定してやってみる=ロールプレイ」を大切にしています。

8月に開催された講座の内容は4・6月の復習で、電話応対のロールプレイをしました。
電話応対
電話応対のポイントは(もちろん職員にも)とっても勉強になる内容で、
ロールプレイでは、
●電話の取次ぎ
●取次ぎたい人が不在の場合の対応 等
を決められたセリフで練習し、不在の人へのメモの作成方法も学びました。

他にも、デパートの青果売り場を想定して、上司からの指示に対してどう質問するか考え
さらに品出し中にお客様に話しかけられた時の対応を考えて、グループで発表しました。
ロールプレイや発表はみなさんがとても緊張する場面ではありますが、
職員にとっては普段見られない姿が見られる時でもあります。

「言う」の尊敬語は「おっしゃる」だと知識があっても、実際に使えるかどうかは別の話です。
マナーは分かっていてもできていないことが多い、と自分自身もいつも感じることなので
繰り返しマナーについて考えて体を動かすきっかけが大事だなぁと思います。
何度でも聞きたいマナー講座のご紹介でした。
スポンサーサイト

お祝いだよ~♪

Aさんお祝い

先日、ねくすと利用者のAさんが就職しました。
高齢者デイサービス事業所の清掃業務で4日間の実習を経て、見事に正式採用となりました!
Aさんはねくすとでも清掃プログラムに参加し、清掃スキルを上げると共にチームで働くためのコミュニケーションスキルを磨いてきました。ねくすとでの経験を生かすことができる職場に就職できてご本人も満面の笑みです(^_^)/
写真はねくすと恒例の就職を祝う会で色紙とプレゼントを贈呈された記念写真です。

パンセラピーを実施しました!

先日このブログでご紹介したパンセラピーを
ねくすとで実施していただきました。
講師は「パンセラピー みのりの森」の市川様。
笑顔がさわやかで物腰やわらかく、とてもチャーミングな先生です☆
パンを焼くためのいろいろな機材を持って来てくださいました。

まず、準備をし・・・
粉をこね始めました。最初は硬かった生地が徐々にやわらかくなっていきます。
独特のフワフワ感と手に吸い付いてくるようなしっとり感。とても気持ちがよいです♪

パンつくりの風景

発酵させて、生地を5等分し、形を作っていきます。
チーズをトッピングしたり・・・
焼き上がりがとても楽しみです♪

パンを焼いている間にストレスとその対処方法を考えます。

市川様はもともと作業療法士として病院勤務をされていたそうです。
趣味でパン作りを始め、パン作りはストレス解消にとても効果があると感じ、
それを広めたくてパンセラピーを始めたそうです。
パン作りは食べておいしい、作って楽しい、
家族や仲間と分け合えるのも幸せと、パン作りへの熱い思いを語る市川様。
その姿にも癒されました。

市川様
↑パンが焼けるまでの間、ストレスの対処について学びました。

できあがったパンはその場で試食。
ふわふわ、もちもち、自分で作ったパンは格別の味です。
参加した利用者のみなさんの感想は
「おいしい!幸せ!癒されました!」と大好評のうちに終わりました。

パン焼き上がり
こんがりおいしく焼き上がりました!

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。