スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回「パンセラピー」を実施しました!!


ねくすとの就労準備講座のひとつに「パンセラピー」があります。
昨年の夏に第1回目を行い、今回、2回目の開催です。

第1回目の様子はこちら↓
パンセラピーを実施しました!!

今回も、講師はもちろん「パンセラピー みのりの森」の市川千愛先生!

参加者の皆さんの投票により、チョココロネをつくることにしました。

2人1組でひとつの生地をつくっていきます。
交互に生地をこねるチームもあれば、
生地を半分にして一緒にこねるチームもあり、
それぞれに共同作業を体感しながらパンをつくります。

チョココロネ、つくり方の難易度は高いほうだそうで、
生地が切れないように、型に巻いていきます。ていねいに、ていねいに。

IMG_0861.jpg

パンを焼いているあいだに
「自己承認と他者承認」を考えます。

誰もが持っている「認められたい」という感覚を満たすには、
まず、相手を認める力をつけることが大切。

今日チームを組んだ相手の素敵だったところ、
感謝の気持ちを紙に綴り、交換し合いました。
そして次に、自分にも感謝し、自分を褒めます。

やわらかい生地に触れ、楽しい気持ちを共有できたことで、
普段の生活ではなかなか表現できない想いを、
言葉にできたのではないでしょうか。

IMG_0858.jpg

できあがったパンは、その場でまずパクリ!
自分でつくったパンの味は、やっぱり格別です☆
そして、残りのパンは
「大切な人にプレゼントしてください」と、市川先生。

皆さん、それぞれの思いを込めて、ラッピングをしました。
感謝の気持ち、伝えられたでしょうか。

IMG_0879.jpg

ねくすとは、
このパンセラピーを「就労準備講座」として開催しているんです♪
スポンサーサイト

就労者の集いPartⅡ

半年ぶりの就労者の集いが行われました。
第1部の卓球大会は、利用者、職員ごちゃまぜでくじ引きによる4チームに分かれてのチーム戦を行いました。
そして、優勝したのは見事職員が一人もいない利用者だけのチームでした。
日頃から運動不足の職員たちはやられっぱなしでした(^^ゞ
OB会卓球

そして、第2部の茶話会では恒例のビンゴ大会を行いました。
ビンゴに当たった人が事前に皆さんに記入していただいた質問用紙に書かれた質問に答えるという、
”ビンゴでクエスチョン!”という斬新な?イベント行い、大いに盛り上がりました!!!
OB会ビンゴ

ビンゴで見事サングラスをゲットしたWさん、かっこいい?怖い?
どう見るかはあなた次第!でも、職場ではかけないほうがいいですね(^_^;)
OB会サングラス

筋肉痛が早いのは若い証拠?

ねくすとの体力づくりプログラムで行われているひとつ、
バスケットボール!!

バスケ

バドミントン、バレー、卓球など、体育館スポーツの中でも
体力的に(筋肉的に?)特に激しいと言われていたりします。

そんな瞬発力を必要とするスポーツを行ったあと、
多くの人がなるのが「筋肉痛」ですよね。
ちなみに筆者はしょっちゅうなっています。慣れっこです。

そんな筋肉痛ですが、「翌日にきた」ときくと、
つい「若いですね~」なんて言ってしまいますが
年齢と筋肉痛になる日数に、実は直接の関係性はないそうです。

筋肉痛になる日数が変化する理由は様々のようですが、
その一つが「筋肉が活性化されているか」
つまり、普段から筋肉を使っているか?ということだそうです。
若い人のほうが運動する機会があり、筋肉を使っている、というイメージから
筋肉痛になるのが早い=若い、という印象になったのでしょうね。
ですから、「翌日にきた」ときいたら、
「普段から運動してるんですね!偉い!」ということのようです。

みなさんの筋肉痛が具体的にいつきているかは存じませんが・・・
クタクタになりながらも一生懸命にスポーツに取り組み、
翌日はマナー講座にスーツで参加するみなさんは、
本当にタフだなぁと尊敬してしまいます。
怪我には気を付けて、体力づくりを行っていきましょう。

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。