イイカゲンな仕事 と いい加減の仕事

ねくすとを利用しはじめて、あまり時間の経っていない
利用者さんは、毎日通って来る訳ではありません。
ご自身の体調を考えながら”一日おき”とか”午前のみ”に作業
に参加されています。

このような場合、コンを詰めると疲れて作業に集中出来なくなる
ことがあります。かといって、お金をいただいて仕事をする以上
”イイカゲンな仕事”は出来ません。そこで作業の内容を工夫します。

その方に見あった仕事量で区切りを決め、この区分のタイミングで
成果物を収納箱に自分で運んでもらいます。
この時手足を伸ばしたり、深呼吸で体調を解してもらいます。
伸び

ひと区切で処理できる量は少なくとも、
その人にとって”丁度いい加減の仕事”をこなし、
区切の回数をつみ重ねることで処理数減はあっても
イイ仕事が出来ています。

こうした工夫で、やがて毎日、通日通所につながるといいですネ!

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら