一品入魂

日本はものづくりの国、などとよく言われますが、みなさんは「ものづくり」とは何か、を考えた事はありますか?筆者はこう考えます。「ものづくり」とは、どんなにたくさん作ろうと、最高のものを相手に届けようと一品一品「魂」をこめて作る事ではないか、と。

先日、そんな「ものづくり」の現場を訪れたので、ご紹介します。

そこは「特定非営利活動法人あおぞら」さんの就労継続B型施設である「あおぞらソラシード」。新潟駅から車で40分、白鳥で有名な瓢湖(ひょうこ)をすぎた、緑豊かな所にあります。建物
(建物外観。ここ、もとは岩盤浴の施設だったそうです...素敵で落ち着いていて、まるで保養所のようでした!)


こんな素晴らしい環境で生産されているのは、写真の「オーラルピース マウススプレー&ウォッシュ」という口腔ケア製品です。

実はこの製品自体、設計されたコンセプトや適用されている技術、その機能も画期的なもので、開発した会社は色々な所から表彰されたりしているすごいベンチャー企業さんなのです。詳細については、公式のウェブサイトの「オーラルピースとは」で紹介されているのでぜひぜひ、ご覧になってください。

ここで行われているのは、送られてきた原材料を配合・撹拌し、スプレーボトルにつめて梱包するという製品の最終工程です。

訪問した日に行われていたのは、溶液の充填作業でした。

具体的な工程は
・容器内部の埃をエアスプレーという機器でとばす
・溶液を容器へ充填
・pH等の衛生管理に必要な検査
・箱の組み立て
・蓋をされたスプレーのノズル吹き出し口とラベルの文字が正面でそろっているかのチェック

でした。各工程を一人が担当し、たくさんのボトルを前に作業は繰り返し、手際良くすすめられていきます。
labo_ORP.jpg
(写真はクリーンルーム内での容器への充填と、機器での検査の様子)

化粧品と同じレベルの厳しい衛生管理が必要な製品なのですが、品質の問題が出たことは今までないそうです。それは、日々一個一個新しい気持ちで、つまり昨日の続きの作業ではなく、「今日はまたゼロからはじめる」つもりで取り組んでいるから、とのご説明がありました。

まさにその通り。あまり広くない作業室の中、10数名の見学者に囲まれても、みなさん一糸乱れず作業を続けています。目の前の一品一品に注がれるその集中力!!まさに「一品」に魂をこめる「ものづくり」が行われていました。

利用者の方はたった6名との事ですが一カ月に8000~10000本の生産力があり、かつ日々改善の努力をされているそうです。ほんとにすごいですね!

実は、ねくすとでもこのオーラルピース製品のラインナップを仕入れて、販売することになりました。ここまでに込められたものづくりの魂=思いが、商品を使うお客様、ひとりひとりに届くよう、心/魂を込めて、一つ一つ大事に扱っていきたいと思っています。

OB会を開催いたしました♪

去る9月5日(土)に就労者の集い(=OB会)を開催しました。
ねくすとを利用して就職したOB、OGの方たちが一同に会し、
スポーツをしたり会食をしたりして、
日ごろの労をねぎらいながら明日への英気を養います。
半年に一度、開催しています。

懐かしい顔ぶれに会い、皆でワイワイと語り合い、
楽しいひと時となりました。

今年のOB会第1部はボーリングでした。
思いのほか(?)みなさん上手で接戦となりましたが・・・

OB会第一部


今年の優勝者のNさんです。
腕に自信のあった某所長を抜き圧倒的1位でした。
おお~っ☆☆☆



第2部はねくすと事業所内で茶話会でした。
久しぶりに顔を合わせ、思い出話に花を咲かせ、近況を語り合い、
ゲームで盛り上がり、にぎやかな会となりました。

OB会第2部

見事、豪華(?)景品をGETしたのは笑顔が素敵なHさんでした♪

Hさん



就職された方々がこうしてお元気な姿を見せてくださることは
私たち職員にとっては喜ばしいことです。
また、次回もこの会でお会いできることを楽しみにしています!!

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら