パンセラピーを実施しました!

先日このブログでご紹介したパンセラピーを
ねくすとで実施していただきました。
講師は「パンセラピー みのりの森」の市川様。
笑顔がさわやかで物腰やわらかく、とてもチャーミングな先生です☆
パンを焼くためのいろいろな機材を持って来てくださいました。

まず、準備をし・・・
粉をこね始めました。最初は硬かった生地が徐々にやわらかくなっていきます。
独特のフワフワ感と手に吸い付いてくるようなしっとり感。とても気持ちがよいです♪

パンつくりの風景

発酵させて、生地を5等分し、形を作っていきます。
チーズをトッピングしたり・・・
焼き上がりがとても楽しみです♪

パンを焼いている間にストレスとその対処方法を考えます。

市川様はもともと作業療法士として病院勤務をされていたそうです。
趣味でパン作りを始め、パン作りはストレス解消にとても効果があると感じ、
それを広めたくてパンセラピーを始めたそうです。
パン作りは食べておいしい、作って楽しい、
家族や仲間と分け合えるのも幸せと、パン作りへの熱い思いを語る市川様。
その姿にも癒されました。

市川様
↑パンが焼けるまでの間、ストレスの対処について学びました。

できあがったパンはその場で試食。
ふわふわ、もちもち、自分で作ったパンは格別の味です。
参加した利用者のみなさんの感想は
「おいしい!幸せ!癒されました!」と大好評のうちに終わりました。

パン焼き上がり
こんがりおいしく焼き上がりました!
関連記事

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら