「△4」のお話し

ねくすとの作業のひとつに、ポリエチレン袋に付いている袋と異なる材質のテープ、
シール等をはがし取るものがあります。
私はこの作業をホワイトボード上で△4(実際は△の中に4)と表示しています。
(これは先輩職員が使われていたのをまねしました。)

このマークは3個の曲り矢印を三角形状に並べた↻を△と見立てたものです。
△4表示のある袋がリサイクル処理に利用されています。
(△4はLDPE低密度ポリエチレンを表しています。)

私がねくすとで最初に△4マークを知った時、「ヘェー!」と思いました。
以前の仕事で△1、△2(実際は△の中に数字)・・・等のマークを使っていたからです。
機械設計のJISでは”出図後において、図面の内容を変更する時は、
変更箇所に適当な記号を付記し・・・以下略”とあります。
この適当な記号の例として△1、△2・・・が示されています。
1回目の変更は△1、順次△2、△3、△4・・・となります。
合わせて変更履歴欄に、日付と理由を明記しています。
△4  
△4を目にした時、思わず昔の仕事を思い出しました。
しかし今では、袋に付いた△4の方が、心の触れ合いもあるし、前向きな△4に思えてスキです。

関連記事

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら