「ねくすとSST」ってなぁに?

「SST」という言葉を、みなさんは聞いた・見たことがあるでしょうか?
デイケアや支援センターなどで知ったという方もいらっしゃると思いますが
今回は「ねくすとのSST」についてご紹介いたします。

communication_hanashiai.png

そもそもSSTとは、アメリカで生まれた
「ソーシャルスキル≒コミュニケーション」の練習をすることで
困っていることを解決しよう!という技法です。

どんな場面でもコミュニケーションによって解決される困りごとであれば
練習できるのがSSTですが、ねくすとでは
このSSTを「仕事の場面」に限定し、希望者の方を募って
月1回×全6回でテーマを決めて意見交換・ロールプレイをしながら
練習しています。

1.あいさつをする。自己紹介をする
2.仕事を教わって、疑問点を質問する。お礼を言う
3.報告する。指示をあおぐ
4.言いづらい内容を伝える
5.職場で必要な自己開示を知る
6.これまでのSSTを振り返ろう

という、「入社から仕事をまかされるようになるまでの過程」
を想像し、必要になってくるコミュニケーションの練習をしています。
「何か言わないといけないのは分かってるけど、
なんて言ったらいいのか不安・・・」なんて方にはもってこいな内容です。

意見交換では、
「こんなとき、みんなどうしてる?」「どう思ってる?」と
普段話さないけど、困っていることなどを話し、共有します。
すると、「自分だけじゃなかったんだ」「そんな考えもアリなんだ」
と、目からウロコなことがよくあります。
グループでやっているからこその、良さですね。

ロールプレイをするのは緊張しますが、やってみると
「実際の場面でもできるようになってみたい」という気持ちになれるようで
みなさん様々な場面で生かしていただいているように感じています。
回を重ねるにつれ、慣れていくと難しい課題にも挑戦でき、
知らずに身についているようなこともあります。

参加されているみなさんの気持ちに応えられるよう、
もちろん就職してからも生かしてもらえるよう、
これからもグレードアップ!していきますよ!

今回は概要だけの記事にしてみましたが、
次回は感想やなんかも載せられたらいいなぁ・・・。
関連記事

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら