チームワーク

7月28日、川崎市産業振興会館で開催された、神奈川県中小企業同友会主催の「ビジックスワールド」というイベントににねくすとのオーラルピースチームが出展販売しました。80もの中小企業や団体が参加している会場で下の写真のように商品をならべ、堂々参戦!です。

ORPビジックス写真2

オーラルピースのプログラムは、単に工賃を稼ぐだけでなく、利用者に実際に商品の在庫管理から販促、お客様への販売までの一連の流れに自主性をもって取り組んでもらうことが目的です。今回も、4人の担当メンバーがそれぞれの「持ち味」を生かして、しっかりとブースを盛り立ててくれました。
それぞれの活躍をご紹介しましょう♪

Aさん:商品の展示と管理、お客様への商品とお金の受け渡しなど、ブースの中をしっかりと切り盛り。安定感ばっちり!
Bさん:ブースを通りかかったお客様に、販促チラシを渡しながら柔らかい営業トークで巧みにブースに引き寄せ、商品をアピール!
Cさん:販促チラシをごっそり袋に入れて持って歩き回り、会場内を行きかうお客様や他ブースに、手際よく着々と配布!
Dさん:Cさんがお客様の注意をひくと、すかさず商品の説明をしたり、ブースの他企業の方としっかり交流、ばっちり好印象営業!

それぞれの役割や得意技がちょうどよい感じでかみ合って、絶妙のチームワークを見せてくれました。

仕事ってつまり、こういうものだな、と思います。例えばお城の石垣の石って同じ大きさばかりじゃないですよね。大きな石、小さな石、四角いもの、斜めのもの、平たいもの、尖ったもの...色々な形が組み合わさるからこそ、しっかりとした土台になって天守閣を支えます。それぞれの良いところを生かしあい、支えあうことで一つの目標(仕事)が成立していくのです。

完璧な人間なんていません。むしろデコボコがあるからこそ、協力して一人ではできないことが、できるようになるのではないでしょうか。
そんなことを、しみじみと感じた一日でした。

関連記事

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら