虹色のお話

先日、職員の研修としてLGBT当事者の方のお話を伺う機会がありました。約2時間の短い間ですが、色々なことを教えて頂き、また考えさせられた研修でした。ここですべてを書くのは難しいので、LGBT理解の助けとなるキーワードを3つ、ご紹介します。最後に関連のリンクを貼っておきますので、ぜひそちらも訪問してみてください

☆LGBTとは?
さて、そもそも。LGBTってなに!?て思う方も多いかもしれませんね。それは
Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)
Gay(ゲイ、男性同性愛者)
Bisexual(バイセクシャル、両性愛者)
Transgender(トランスジェンダー、性同一性障害など)
の頭文字を並べたもので性的マイノリティ(性的少数者)を指す言葉です。統計(※)によれば、その割合は日本の人口の7.6%、つまり30人に1人という確率だそうです。
30人にというと、つまり学校の1学級や、職場の1フロアぐらい。つまりそんな身近な存在なのに、それをオープンにしている人はほんの少数、という現実があるのです。

☆性はグラデーション
性的マイノリティを理解するために、もうひとつ大事なキーワードは「グラデーション」です。
なんとなく使っているこの「性」という言葉ですが、下記のような多様なあり方があるのです。

 身体の性 : 性器、性腺、染色体などの身体的特徴で分けられる性

 心の性 : 自分自身がどんな性であるか?というその人が思う性。男性、女性、中性、性別を決めたく無いなど様々な人がいる

 好きになる性どんな性の人を好きになるか。異性/同性を好きになる人、どちらの性も好きになる人、性別で好きになる人を決めたくないという人、特定の誰かを好きにならないという人、など

このそれぞれの組み合わせをイメージ化したのが下記(※)です。これだけでも12通りもありますが、この12パターンの間に更に色々な場合があり、多様なのだそうです。だから「グラデーション」なのです。

LGBT

☆虹の色
そういった性的マイノリティの方々が、自らに誇りをもって社会にアピールしよう、という時に用いられるシンボルのカラーが「虹の色」です。

筆者は、それがとても素敵だな、と思います。虹は7色と言われますが、実際はグラデーションです。連続して移り変わっていく色あいこそが美しいのですが、もとをただせば一条の「光」です。
つまり様々な「現れ方(色)」をしているから、違って見えるけど、もとは「人」という存在であることは誰でも同じ、という事なのです...。

以上、筆者もまだまだ理解しているとは言い難いのでお恥ずかしいのですが、如何でしたでしょうか?
下記に研修でご紹介いただいた関連サイトも載せておきます。ぜひぜひ、みなさんもサイトを訪問してみてください。

※引用資料「電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2015」を実施」

<参考サイト>
にじのこころ(LGBTと精神疾患の自助グループ)
NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会
LGBT就活
特定非営利法人虹色ダイバーシティ
TOKYO RAIBOW PRIDE 2016
横浜レインボーフェスタLGBT

新年のご挨拶

もう1月も半分ほど過ぎたのに、今頃新年のご挨拶です。
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も毎年恒例の”ねくすと大書初め大会”を行いました。
書初め2016

今年一年の目標を漢字一文字で書いていただきましたが、皆さん力強くていい字を書くでしょ!
私の今年の漢字は”柔”です。下手すぎて恥ずかしいのですが(^^ゞ
昨年は色々なことに悩み続けた一年でした。
今年は「昨年悩み続けた事柄を頭の中で整理し、柔軟な考えを持って行動したい」
そんな思いを込めてこの字を選びました。

”頭も体も柔らかく”一年を過ごしいたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。

熱い交流会

みなさん、こんにちは。
寒くなってきましたね、いよいよ冬の到来です!!

先日、そんな寒さを吹き飛ばすような、熱い会、
「オーラルピースプロジェクト交流会」に参加してまいりました。

9月のブログでもご紹介した通り、
現在、ねくすとでは、「オーラルピース」を仕入れ、販売しております。



オーラルピースは、材料、人、自然、全てに優しい口腔ケア製品です。
いろいろなところから表彰されいます。
  ORP交流会1

オーラルピースの開発者、株式会社トライフ 代表取締役 手島さんです。
  ORP交流会2

製品ラインナップです。新製品がまもなく登場予定!!
  ORP交流会3
  ORP交流会4

製品のオブジェを持ってみました。
  ORP交流会5

最後は、手島さんから、みんなで「ノーベル平和賞を取ろう」という熱い思いを語っていただき、
素晴らしい交流会は幕を閉じました。
ねくすともオーラルピースプロジェクトメンバーの一員として、
今後も熱く発信していきたいと思っております。

どうぞ、みなさま、よろしくお願いいたします!!

所長の仕事

10月22日~23日で愛媛・松山に行ってまいりました。
目的は、中小企業家同友会全国協議会が主催する障害者問題全国交流会に参加するためです。
私は今回で3回目の参加です。私は飛行機が苦手なので寝台特急などを利用して松山入りしました。前日の夜出発し12時間かけて松山に到着しました。その時の写真がこれです。
   ↓↓↓
松山駅

障害者問題全国交流会は、日本全国の中小企業の経営者600名超が中小企業における障害者雇用の課題や促進について議論し、自社や地域に戻ってどう生かすかを勉強しあう場です。これだけ多くの経営者が障害者雇用について議論をする場は他にはないのではないかと思います。下町ロケットのような熱い思いをもった経営者がたくさんいましたよ\(^o^)/
時間とお金をかけて松山まで勉強しに行ったことを今後のねくすと利用者のために生かしていきたいと思います!!!

瀬戸大橋
初四国!瀬戸大橋通過中!!!

一品入魂

日本はものづくりの国、などとよく言われますが、みなさんは「ものづくり」とは何か、を考えた事はありますか?筆者はこう考えます。「ものづくり」とは、どんなにたくさん作ろうと、最高のものを相手に届けようと一品一品「魂」をこめて作る事ではないか、と。

先日、そんな「ものづくり」の現場を訪れたので、ご紹介します。

そこは「特定非営利活動法人あおぞら」さんの就労継続B型施設である「あおぞらソラシード」。新潟駅から車で40分、白鳥で有名な瓢湖(ひょうこ)をすぎた、緑豊かな所にあります。建物
(建物外観。ここ、もとは岩盤浴の施設だったそうです...素敵で落ち着いていて、まるで保養所のようでした!)


こんな素晴らしい環境で生産されているのは、写真の「オーラルピース マウススプレー&ウォッシュ」という口腔ケア製品です。

実はこの製品自体、設計されたコンセプトや適用されている技術、その機能も画期的なもので、開発した会社は色々な所から表彰されたりしているすごいベンチャー企業さんなのです。詳細については、公式のウェブサイトの「オーラルピースとは」で紹介されているのでぜひぜひ、ご覧になってください。

ここで行われているのは、送られてきた原材料を配合・撹拌し、スプレーボトルにつめて梱包するという製品の最終工程です。

訪問した日に行われていたのは、溶液の充填作業でした。

具体的な工程は
・容器内部の埃をエアスプレーという機器でとばす
・溶液を容器へ充填
・pH等の衛生管理に必要な検査
・箱の組み立て
・蓋をされたスプレーのノズル吹き出し口とラベルの文字が正面でそろっているかのチェック

でした。各工程を一人が担当し、たくさんのボトルを前に作業は繰り返し、手際良くすすめられていきます。
labo_ORP.jpg
(写真はクリーンルーム内での容器への充填と、機器での検査の様子)

化粧品と同じレベルの厳しい衛生管理が必要な製品なのですが、品質の問題が出たことは今までないそうです。それは、日々一個一個新しい気持ちで、つまり昨日の続きの作業ではなく、「今日はまたゼロからはじめる」つもりで取り組んでいるから、とのご説明がありました。

まさにその通り。あまり広くない作業室の中、10数名の見学者に囲まれても、みなさん一糸乱れず作業を続けています。目の前の一品一品に注がれるその集中力!!まさに「一品」に魂をこめる「ものづくり」が行われていました。

利用者の方はたった6名との事ですが一カ月に8000~10000本の生産力があり、かつ日々改善の努力をされているそうです。ほんとにすごいですね!

実は、ねくすとでもこのオーラルピース製品のラインナップを仕入れて、販売することになりました。ここまでに込められたものづくりの魂=思いが、商品を使うお客様、ひとりひとりに届くよう、心/魂を込めて、一つ一つ大事に扱っていきたいと思っています。

就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら