スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育てたいという想い

みなさま、こんにちは。季節も変わり、寒くなってきましたね。

今回は、障害者雇用をしている企業のスタッフの方々と行なった勉強会の様子を
ご報告したいと思います。テーマは、社内での障害者雇用について。

夜、19時半から、勉強会スタート。
それぞれが、現場のお仕事を終えてからの集合です。
まずは、その想いに感動です。

勉強会をするきっかけとなったのは、企業さんからのご要望でした。
管理業務をするスタッフと、現場業務をするスタッフとの間で、
障害者雇用に対する捉え方や知識に違いがあることは、よく聞くお話です。
そんな中で、今回の勉強会は、管理スタッフも現場スタッフも一緒に勉強し、
意見を交換、共有しようという目的でした。

勉強会では、精神障害とは?という知識の勉強から始まり、
そこから、実際に一緒に働く現場スタッフの方々との意見交換になりました。
スタッフの方々それぞれが、「一人前に育てたい!!」という熱い気持ちを
持っていることがひしひしと伝わってきました。
またまた感動です!!

最後は、障害の有無に関わらず、
「人を育てる」ってどんなこと?というテーマになったように感じます。
相手を認め、誉める。。。。
そんな当たり前だけど、忘れがちなことを私も一緒に考えさせて頂きました。


G勉強会②


G勉強会①






秋の「就労者の集い」

10月22日土曜日は、Wish主催の「就労者の集い」イベントが開催されました。

今までは、午前はスポーツ、午後はねくすと内で茶話会といった二本立てでしたが、今回は趣向を変えて「上郷森の家」での、本格的バーベキュー!!となりました。

このバーベキュー会場は、ねくすとの春のイベントで毎年使う場所です。ねくすとでは、資材の準備、食材の選定から買い出し、当日チームに分かれての火おこし競争に食材争奪戦!と色々なハードル(?)のあるイベントですが、今回は就職されている皆さんが、リフレッシュのために集まってもらうのが趣旨。

久しぶり...なんて声が行きかう集合、受付の後、全体で自己紹介をしたら4つの炉に分かれ、それぞれのペースで火をおこして...という、和やかな会となりました。
all_20161028105532ee2.jpg

約20名が集合!炉の前で自己紹介中


niku.jpg
 
お肉いっぱい、夢いっぱいヽ(´∀`)ノ♪



yaku.jpg

炭火でじっくりと...

dog.jpg

肉だけじゃないよ~、焼きそばにホットドッグ!!


就労者の皆さん、日ごろの疲れを忘れて、リフレッシュ&エネルギーチャージ、できたでしょうか?

そして、職員にとっては何よりのご褒美♪なのが、久しぶりに会う、就労した皆さんの素敵な笑顔です。

仕事は、楽しい事ばかりではありません。得意な事だけをやっていればよい、というわけでもなく、苦手な状況もあります。職場の環境も、日々変化しますし、体調の波もあるでしょう。そんな中、頑張りすぎず、地道にお仕事を続けていく...。その日々の中から、自然に身についてくる変化を、お会いする毎に感じさせられます。

3mei.jpg

職員のうっかりで、ブログ顔だしOK?を全員に確認しそこねてしまいました。個別にOKを頂いた3名の皆さんに代表してもらって、こんな素敵な「先輩」がいますよ~、ということを、アピールさせてください。

では皆さん、日々頑張りすぎず元気に楽しく、過ごしてください!またお会いしましょう!!(^∇^)ノ







「パソコン、使えますか?」

「パソコン、使えますか?」

面接に行くと、このような質問があったり
求人票の必要な経験欄に「パソコン操作」と書いてあったりします。
では、具体的にどのくらいできたら、
「使えます!」と言えるのでしょう。
computer_manual_woman.png 
答えは、おそらく「会社によって”使える”の意識は違う」
なのではないか、と思います。
とはいえ、ねくすとのPCプログラムに参加された方には
ぜひ「パソコン操作」が必要と書かれている求人にも
自信をもって応募できるようになってほしい。
そんな出発点のもと、初級・中級・上級のPCプログラムをやっています。

「会社によって違う」とはいえ、
これは必要でしょ!と思われるポイントもあると思います。
①わからないとき、人に質問して教えてもらったり、相談できる
②自分で調べることができる
ことは、どんな仕事でも、日常生活の中でも、大切なことです。
発想をかえれば、これができれば元々の技術や知識がなくても
仕事ができるのかもしれません。

これらのポイントを特に練習できるのが、ねくすとでは
PCプログラムの上級になると思います。
9月は「求人票の傾向」を分析する、という課題を
グループで行っていただきました。
毎回の課題で作成した成果物そのものが、役に立つ実感は少ないと思いますが
その経過での経験は、思わぬところで発揮されるかもしれません。
また、自分の新たな一面を知るきっかけにもなると思います。

パソコンはあくまでも「道具」にすぎません。
「道具」が上手に扱えるかどうか、にとらわれず
上手に扱えないとしても対処ができる自分に
自信をもっていただきたいです・・・!

気のかたち

ねくすとでは、不定期に就労準備講座というプログラムを行っています。

今回は、一般社団法人 気のかたち
http://kinokatachi.com/
代表の高橋拡さんにお越しいただき、
「心身を健康に保ちながら働き続けるためには?」というタイトルで講演していただきました。
健康を保つために大事なことは「いいかげん」であること、「力を抜く」ことだそうです。
そして、良い姿勢を保つこと!!!
確かに、高橋さんはいつも姿勢がいいですね!
高橋拡

力を入れすぎずに上手に抜くことにより、逆に強い力を出すことができます。
下の写真がその実例です。
女性5名の指だけを使って大男を持ち上げようとしてもなかなか持ち上がらないものですが、
あるおまじないをすると軽々と持ち上げってしまうんです!
そのおまじないは…
直接高橋さんの講義を聞いてくださいね(^_-)-☆
気

高橋さんは、「健康ばかり気にしていると逆に不健康になってしまうので、
時には不健康なことをして発散することも大事!」とおっしゃっていました。
不健康なことが大好きな私は一安心しました(^_^)
高橋さん、ありがとうございました!

お疲れさまでした!

7月8日をもって、職員のひとりが産休・育休に入ることになりました。

最終日、利用者の皆さんからのサプライズ!!
利用者全員で協力して、プレゼントを準備してくれていたんです。
宇都宮さん、涙を浮かべて喜んでいました。
皆さんの気持ちが、伝わった瞬間♪

花束


上の子を保育園に預けながら、
大きいおなかでお仕事を続けてきた宇都宮さん。
途中、つわりがひどく、ねくすとに来られない時期もありました。

最後に
「無事にこの日を迎えられて、達成感でいっぱいです」
と、ご挨拶されていました。

利用者の皆さんに、どのような支援のかたちで関わっていけるのか、
体調を崩さず、無事に勤められるのか、
たくさんの不安があったことと思います。

他の職員も、可能な限りサポートしてきたつもりでしたが、
やっぱり、本人にしか分からない不安や想いが、
想像以上にあるのだな、と実感しました。

だからこそ、仲間の状態や抱えていること、置かれている状況に、
「思いを馳せる」ということは
意識して行わなければいけないな、と思いました。

相手を思いあえる気持ちの余裕をもって、
仕事に取り組むことが大切なんだなぁと。

宇都宮さん、本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。
少し休んで、どうぞ、元気な赤ちゃんを産んでください!


就労サポートセンター ”ねくすと” とは…

障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所です。
一般就労に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性にあった職場探し、就労後の職場定着のための支援を行っています。主に精神障害者の支援を行っていますが、知的障害者や発達障害者も通っています。

ねくすとホームページは >>こちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。